Batam, Headline, Hot News, Kepri  

BATAMCLICK.COM: BP Batam melalui Kepala Biro Humas Promosi dan Protokol, Ariastuty Sirait menginformasikan bahwa proses…

リコー日本、PWlケプリがビンタン島でマングローブを植樹する取り組みを支援
Bintan, Headline, Hot News, Kepri  

リコー日本、PWlケプリがビンタン島でマングローブを植樹する取り組みを支援

ビンタン – YLフォレスト株式会社とリコーグループを代表する日本のいくつかの企業が、火曜日(2024年2月6日)、リアウ諸島(ケプリ)州インドネシアジャーナリスト協会(PWI)がビンタン島のテルクビンタン地区のペナガ村のティラム川でマングローブを植樹する取り組みを支援しています。 リコーグループの広報担当者であるMai Takahashiは、2020年以来、リコーグループがインドネシアのマングローブ愛好家を支援し、ここでマングローブを植樹する活動を行っていることを明らかにしました。今日のPWIケプリのマングローブ植樹活動も含まれます」と彼は火曜日(2024年2月6日)にジャーナリストに語りました。 Maiによれば、彼女の勤務先である電子機器メーカーは、インドネシアだけでなく、現地のマングローブ愛好家とともに日本やフィリピンでも定期的にマングローブを植樹しています。 彼女は、「この活動を支援しています。それは環境にとって非常に大きな影響を与えるからです。マングローブは二酸化炭素(CO2)を吸収し、酸素(O2)を生成することができます。これは生活と周囲の環境にとって非常に重要です」と述べています。 一方、YLフォレスト株式会社の社長であるNaoto Akuneは、同社がビンタン島で行っているマングローブ植樹活動が2010年から続いていると述べました。 彼は、「以前は、私たちは2ヘクタールの広さでシルボフィッシャリー(マングローブ保護とエビの養殖を組み合わせたシステム)を開始しました。今では、地元のコミュニティの支援を受けて、その面積が拡大しています」と説明しています。 PWIケプリの議長であるAndiは、さまざまな関係者、インドネシアと日本のマングローブ愛好家、YLフォレスト株式会社、リコーグループを含む、2024年の国際記者の日(HPN)の植樹活動への関与に感謝の意を表明しました。 「PWIケプリの役員を代表して、私たちはインドネシアと日本のマングローブ愛好家の友人たちとリコーグループの支援に対する高い感謝と賞賛を伝えます。インシャラ、今年のマングローブ植樹活動はHPNの機会を活かし、毎年恒例のイベントになるでしょう」と彼は述べています。 PWIケプリのマングローブ植樹活動は、地元のPWIケプリメンバーや役員、地元コミュニティの約100人の参加者が参加しています。 予想されるように、数日にわたって行われるマングローブ植樹活動では、5ヘクタールの敷地に50000本のマングローブの苗木が植えられる見込みです。 (ady)

Tidak Ada Postingan Lagi.

Tidak ada lagi halaman untuk dimuat.